ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

スキー・スノーボード ウェアの下に着るものは?

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

独身のころは、よくスノーボードに行っていたよ。

結婚してからは…連れがウインタースポーツ大嫌いなので、行かなくなったんだ。
道具も一通り揃えてたんだけど、使うことがないんで処分したよ。
友人曰く「道具も進化してるので、昔の道具は…」ってことだったからね。

もう、スノボやることは無いのかな~って思っていたら、子どもが行きたいと言い出したので、とりあえずスキーに連れて行くことにしたんだ。
スノボは、どう教えていいかわからないし、子どもの体力を考えると、スキーが無難そうだしね。 もちろん、道具、ウェア類は全部レンタル。

ゲレンデは15年ぶりくらい。
スキーは下手すると20年ぶり…(^^;。

久々なのでわからないのが、スキーウェアの下は何を着ればいいんかな?ってこと。

道具も進化しているらしいし、インナーも変わってるかもしれないと思って、調べてみたよ。

f:id:boxermannequin:20170210105941g:plain:w300

15年前

マネキンがスノボしてたころは、こんな感じ。

  • Tシャツ
  • ジャージのズボン
  • トレーナー(裏起毛)
  • マフラー

車で行ってたので、この恰好で運転して、現地に着いたらウェアの上下を着ていた。
若干、汗はかくものの、このくらい着て快適なくらいだったよ。

現在

今のウェアは性能がよくなったので、下にあまり着ないらしい。

  • 長袖インナー(ヒート素材)
  • タイツ(ヒート素材)
  • フリース(寒い場合)
  • ネックウォーマー

長袖インナーとタイツは、速乾性のものがいいんだって。
だから、アンダーアーマーなどのコンプレッションウェアの上下でもOK。
首の防寒も考えると、タートルネック、モックネックがよりいいかな。

フリースは寒かったら着るくらい
汗をかくくらいだったら着ない方がよくて、逆に寒かったらフリースを2枚重ね着するんだってさ。

薄着より、汗で冷える方がいけないらしいよ。

まとめ

そもそも15年前って、ヒート素材が無かったんじゃないかな?
あっても、そんなに出回ってなかったはず。
ウェアの下にセーターを着ている人もいた。

コンプレッション系インナーも、みんなが着るようになったのは、わりと最近のこと。

ウェアの進化も含めて、身軽にスキーやスノーボードができるようになったんだなぁ。

マネキンはコンプレッションの上下、子どもはヒート素材インナーの上下で行くことにするよ。
もちろん、ネックウォーマーとフリースは忘れずにね。

それじゃ、また次回!ヨロシク頼むよ。