ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

小説「新聞が止まる日」

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

ブログチャレンジに小説を書くってのがあるので、書いてみたよ。

新聞が止まる日

私は新聞が好きだ。

ネットの方が情報は早いし、いろんな情報がある。

それでも新聞を読むのは、便利だからだ。

パラパラとめくれば、情報が自然に頭に入ってくる。見出しに重要な内容が、短い言葉で盛り込まれてるからだ。

ネットニュースにもタイトルはあるが、煽りが多くて内容が正確に把握できない。

やはり新聞がいい。

f:id:boxermannequin:20170406221506p:plain:w300

郵便受けに新聞をとりにいく。毎朝の習慣だ。出勤前の一時間、これで世の中を把握する。

大きいニュースから小さい記事、すべてを眺める。頭に入れておくと、そこから話が広がって商談に結びつくことがある。大事な時間だ。

ところが今朝は新聞が来ていない。

人のやることだから、配り忘れもある。新聞販売店に連絡すれば持ってきてもらえるが、出勤までに来るかはわからない。

残念だが、今日くらいはいいだろう。

新聞販売店には電話せず、ニュースはスマホで見ることにした。

慣れないせいか、見ずらい。

やはり新聞がいい。

次の日。また新聞が来ていなかった。

さすがにこれはない。こっちは金を払っている。ちゃんと届けてもらわないと。

新聞販売店に電話をする。

話中だ。

五分ほど待ち再び電話をする。

出ない。30コールは鳴らしただろうか。諦めて電話を切る。

何をしてるんだ。電話くらいさっさと出ろ。

時計を見る。

少し早いが出勤することにした。あとで新聞社のほうへ苦情の電話を入れよう。

今日もニュースはスマホか。

会社に着いてから、新聞社の方へ電話した。購読者用のフリーダイヤルだ。

「はい、朝読新聞社購読フリーダイヤルです」

繋がった。新聞が二日連続で来てないこと、販売店に電話をしても繋がらないことを伝える。

「申し訳ございません。ご住所とお名前をいただけますか」

慣れた対応だ。よくあるのだろう。住所と名前を告げる。

「少々お待ちください」

電話の向こうが慌ただしい。

「お客様、大変申し訳ありません。できるだけ早くお届けいたします。念のため電話番号を頂戴してよろしいでしょうか」

電話番号を教えて電話を切った。家に帰れば、新聞が届いているだろう。

郵便受けを見る。まだ新聞が届いていない。

新聞社に電話したのは午前九時三十分。今は午後七時。かなり時間がたっている。

さすがに腹がたってきた。

販売店に電話をする。

「朝読新聞です」

「何度電話すれば新聞が届くんですか!いい加減にしてください」

声を荒らげる。

「申し訳ありません。実は、販売店の店主が倒れた関係で配達が間に合っておりません。新聞社のほうからも応援に来てもらってるのですが…」

なんとなく事情が飲み込めてきた。

「どういうことですか?」

好奇心が怒りを消した。

どの業界も人手不足だ。新聞配達員も例外ではない。

働きやすく、給料の高い業種に人は流れていく。休みがなく、給料が安い新聞配達員は人気がない。

配達員の給料を良くしようと思っても、部数減で収入が減り、給料が上げられないない。人がこないから休みも作れない。

配達員はどんどん辞めていく。

それでも新聞は発行される。読者は待ってくれない。

店主は自ら、かなりの部数を配っていたそうだ。

だが限界がきた。心身ともに疲れ切った店主は…失踪した。

そう、倒れたのではなく、失踪したのだ。

電話の応対をしていた販売店の店員が、泣きそうな声で真実を話した。

新聞はまだ届かない。

良く眠った。気持ちのいい朝だ。身支度をして家を出る。

郵便受けに新聞が届いていた。お詫びのチラシが添えてある。今日から通常態勢で新聞が配達されるそうだ。

手にとって家の中へ投げ込む。心なしか新聞は湿っていた。

会社へ行ったら、新聞社のフリーダイヤルに解約の電話をしよう。

スマホを片手に駅へ急いだ。

あとがき

どうだったかな?

急いで書いたので、文章のおかしいところや、矛盾もあるかもしれない。

ブコメで感想待ってるよ!

それじゃ、また次回!
ヨロシク頼むよ。