ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

ストレス軽減!ボクシングでマインドフルネス瞑想4つの方法

スポンサーリンク

こんにちは。
ボクサーマネキンです。

現代社会はストレス社会。
苦労されてますよね。

今日は、ストレス軽減に効果のある、マインドフルネス瞑想とボクシングをかけあわせた、より効果的なストレス解消法を紹介します。

f:id:boxermannequin:20170307170318p:plain:w300

ゆっくりワンツー

ワンツーとは、ジャブとストレートを連続して打つ、基本的コンビネーション。

f:id:boxermannequin:20170129175008g:plain

この動作をゆっくりと、フォームを確認しながらやります。

スピードは太極拳をイメージしてください。

最初は、拳の動きに集中してください。

息を吐きながら、まっすぐ前へ突き出してください。

3分間、頑張りましょう。

途中、「まだ終わらないの?」などの雑念が湧くと思いますが、それを意識した後は、再び拳の動きに集中してください。

縄跳び

片足ずつ跳びます。

右、左と跳んだ足を心の中で唱えます

高く跳ばず、なるべく低く跳んでください。
高く跳ぶと、余計な体力を消耗し、疲れてしまいます。

単調な運動なので、飽きてきますし、他の事柄に気をとられると思いますが、すぐに跳んでいる足に集中をもどしましょう。

これも3分間頑張ります。

ひっかかったら、すぐに跳びはじめましょう。

パンチングボール

パンチングボールには、ボールの上側が固定されたシングルエンドパンチングボールと、上下に紐がついているダブルエンドボールがあります。

これをパンチしていきます。
使うボールはどちらでもかまいません。

ボールの動きに集中して、パンチしてください。

初心者は、左手だけ、右手だけで始めるといいでしょう。

慣れてきたら、左手、右手、交互に叩きます。

集中力が切れると、パンチをしたボールがあさっての方向へ行き、パンチが当たらなくなります。

強くパンチしなくていいので、自分がコントロールできる強さで叩きましょう

3分続けてできたら、パンチの強さやスピードを上げていきましょう。

サンドバッグ

ワンツーを打ち込みながら、拳が当たった瞬間に集中します。

ジャブが当たった瞬間、ストレートが当たった瞬間、その感触に意識をもっていきましょう。

最初は、ゆっくり。
次第に早く強くしていきます。

大事なのは感覚への集中です。

周りに人がいるので、当然、集中がそれる場面があります。

それに気づいたら、「集中」と心の中でとなえ、再びサンドバッグに向かいましょう。

3分間、途切れず集中できるよう、頑張ってください。

まとめ

いかがでしたか?

ボクシング単独でもストレス解消効果はありますが、マインドフルネス瞑想が加わることで、より効果的になっています。

参考にしてみてくださいね。

それでは、また次回。
ヨロシクお願いします。