ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

勉強して 手を動かして 終わらないループから抜け出そう!

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

取引先の人に誘われて、とある研修会に行ってきたんだ。

研修の中の講演会で、なるほど!と思うことがあったので、書いておくよ。

f:id:boxermannequin:20170201173826p:plain

時代が変わる

3年後はオリンピック。
これから3年で、世の中は変わっていく。

経済環境、制度、税制、いろんな部分が変わる。

だからこそ、投資をしないと生き残れない
時代が変わるとき、必ずピンチとチャンスがあるんだけど、投資をしていないとピンチしか来ない。

金融や設備だけではなく、勉強や人間関係の構築も投資

マネキンの働いている会社は、いわいる斜陽産業といわれる業種なんだけど、変化というものをひしひしと感じてる。
いろんなデータから、これからもっと厳しくなることもわかっている。
だけど、投資も準備もできていないのが本当のところ。

やばいよね…。

時間もお金もない会社なんで、選択と集中で投資していくしかないんだけど、何に投資するかで生き残れるかがかわってくる。
性根を入れて考えないとね。

現場としては、今のやり方は続かないってのが総意。
根本的やり方を変えるべきだと思っている。

今のやり方でいいと思っている、経営層を説得するのが大仕事なんだけどね。

3つの増えること

1つ目はシニア世代。
昔と違って、今のシニア世代は若い。
シニア向け商品が今のシニアには一番嫌われる。

2つ目はペット。
ペット数は子どもの数より多い。
まったく関係なさそうなものでも、ここを狙った商品になりえる。

3つ目は(観光)外国人。
オリンピックへ向けて、観光する外国人は確実に増えていく。
働く外国人も増えてきている。

増えていく市場を狙っていくのが商売の鉄則だ。

いっしょに行った人が、じゃあ「ペット用○○」と安直に今ある商品と結びつけてたけど、そういうもんではないんだろうな。
むしろ、今ある商品を、外人向けにしたほうがいいと思った。
マネキンの地元でも働く外人増えているし。

いずれにしても問題は、それを作る能力が、マネキンの勤める会社にはないこと。
無理やり作ると、ぜったい明後日の方向の商品ができる(経験則)。
マーケティング能力が欠けているんでね。

そして、わが社のシニア向け企画がなぜうけないか、よくわかったよ。
老人さんはこうだろう、ってイメージが昔のままなんだ。
これもマーケティングができてない証拠だね。

マーケティングって重要だ。

家族世帯が減り単身世帯が増える

ひとり暮らしの老人が増えている。
データでも家族世帯が減り、単身世帯が増えていることがわかる。
今までは家、ファミリーに向けた世の中だったが、個を中心とした世の中になる。

家族世帯中心のときは、所有することがいいことだった。
家や車などの資産を所有することが、安心できる時代だった。

個の時代になると、所有することはリスクになる。

これからの時代は所有から共有に変わっていくだろう。

メモを見返してみると、なんで所有することがリスクなのか、詳しく話されてなかった。
でも、よくわかる。

マネキンの記事、 空き屋問題を考える - ボクサーマネキンの拳 でも書いたように、資産の皮をかぶった負債になりえるからね。

講演では、所有から共有の例として、農業を企業が担っていく話があった。
確かに、そうしていかないと、立ちいかなくなってるよ。
家族経営で農業って時代は終わらせないと、困る人がいっぱい出てくるよ。

そういや、建築業が不況のとき、土建屋さんの農業参入がトレンドだったんだけど、どうなったんだろ?
オリンピックに向けて土建屋さん忙しいからな…撤退したかもな。

f:id:boxermannequin:20170225082640p:plain

大手と逆を行け

大手は、どこにでも、たくさんある、いつでも手に入る商品を作っている。
対抗するには同じことをしては駄目だ。
ここにしかない、希少性のある、旬を意識した商品を作れ。

マネキンの会社の商品は、全国どこでもある商品をローカライズしたもの。
だから大手と似たり寄ったりになっている。
ローカライズの部分だけ、若干違う、みたいな。
あんま面白くないよね。

ローカライズの部分以外は、質・量の部分でも負けてると思う。
量を減らしてもいいから、ローカライズに特化したほうがいいのかな。
いや、そうすると大手のほうがいいって言われるか…。 悩むな〜。

この視点で、商品を見直していかないといけないのは確か。

手を動かせ

最初から100%のものはできない。
トライアンドエラーの繰り返しだ。
まずは手を動かせ。

やってみることは大事! 計画性も大事!

計画性をもって実行し、見直して改善。
いわいるPDCA。
わかっちゃいるけど、なかなかできないね。

講師先生は言われなかったけど、駄目だったら見切りをつけて、次へいくのも大事だと思う。

まとめ

全てがマネキンの会社で応用できることではないけど、勉強になったよ。
わが意を得たり、という内容もあったし、そういう考えもあるのか!って思ったりね。

こうやって、違う業界の人の話を聞くと、いろんな発見があって面白い。
同じ業界の人と話すと、どうしても内向きな話になってしまうんだよね。
同じところをグルグルまわってしまう。
ループから抜け出すには、他の業界との交流って大事なんだな。

それじゃ、また次回!ヨロシク頼むよ。