ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

自分を客観視するためのツール

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

自分が人からどう見えてるかってわからないよね?

ベストを尽くしているつもりでも、できてなかったり、的外れだったり。
よかれと思って喋っていても、うるさいって思われてたり。

気になる人は、自分を客観視するためのツールを使ってみよう。
なーに、君も持っている物さ。

客観視ツール

いきなり結論なんだけど、ツールってのはスマホ
自分をスマホで動画撮影するんだ。

ちょっと遠目から、自分を狙って撮影しよう。
スマホスタンドにたてて、動画撮影ボタンを押すだけだから簡単でしょ?

長時間撮影は難しいけどね。

リモコンシャッターってのもあるから、使ってみるといいかも。
(動画撮影に使えるかはしらんけど)

客観視する

撮影したら、動画をじっくり見てみよう
いろんな発見があるよ。

客観視しようなんて意識しなくてもいい。
自然に客観視できるから。
カメラを通した風景って偉大だよ。

途中、自分が恥ずかしくなって、見るのをやめたいって思うかもしれないけど、そこは我慢だ。

最後まで見たとき、きっと何かが変わるはずだよ。

撮影したい場面

スポーツしてるところ

自分のフォームがいかにいい加減かわかる(^_^;)。
あっマネキンの場合ね。
上手い人は、上手さがわかるよ。

この間も、マスボクシングをジムで撮影したんだけど、力はいって、ガチガチだったね。
イメージとは全然違う動きだったよ。
意外に基本ができてないもんだね。

逆に、できてないと思っていたことができてたり、いい場面もあったり。

見ていて飽きなかったよ。

こんな感じで、スポーツしている人は、動画撮影すると自分の実力がわかるし、自分に足りないものがわかって、練習の参考になるよ。

会議

自分の発言内容が、人に伝わるものかどうかチェックできるよ。
内容自体が、会議の流れの中で妥当なものかどうかも。

見返すと恥ずかしいものだよ。

だいたい調子にのってるからね(笑)。
中身がない割に(^_^;)。

食事風景

自分の食べ方、見たことないでしょ?

口にべったりつけてたり、くちゃくちゃ言ってたりするかもよ?

人の食べ方を見て、みっともないな〜って思うことあったら、自分自身もチェックしてみよう。

人の批判をしているところ

人の批判って気持ちいいんだ。
自分が偉くなった気がするからね。

マネキンだって人のこと言えない。

このブログに批判記事を書いているしね。

そんなときの自分の顔、見てみるとどうだろう?
高慢な顔になっていると思うよ。

その顔を見た人がどう思うか、自分で体験してみよう。

まとめ

本当、自分を客観視するって難しい。
でも、カメラを通すとできるでしょ?

とにかくやってみて。

それじゃ、また次回!
ヨロシク頼むよ。