読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

K-POP好き女子がボクシング観戦を楽しめる見どころ5つ

ボクシング ネタ

スポンサーリンク

こんにちは。
ボクサーマネキンです。

K-POP、とってもいいですよね。
アーティストも格好いい!

今日は、K-POP好きな女子が、ボクシングを楽しんで観戦できる、見どころを5つ紹介します。

f:id:boxermannequin:20170308211104p:plain:w300

腹筋

K-POPアーティストは、みんなスリムでスタイルいい。
鍛えられた肉体、腹筋だって割れてます。
キャーキャー言うポイントですよね。

ボクサーだって負けてませんよ

試合に向けて、限界まで無駄を取り除いた肉体は、とても美しい。

K-POPアーティストと比べてみてください。

何がどう違うのか、今、想像するだけでも楽しいですよね。

身体能力

K-POPアーティストの身体能力は馬鹿にできません。

難度の高いダンスを踊るため、鍛えてることがわかります。

一方、世界で闘うボクサーの身体能力は天才の域にあります。 その天才が鍛えてるのだから、K-POPアーティスト以上の能力です。

能力の差に圧倒されましょう

リズム

K-POPといえば、強烈なリズム。
思わず腰が動いちゃいます。

「リズムはK-POPの勝ち」って思いますか?

いえいえ、ボクシングほどリズムを大事にしているスポーツはありません

特にアウトボクサーと呼ばれる人の試合を見てください。

華麗なステップから、鋭いリズムが聞こえてきますよ。

K-POP好きはリズム通。 あなたにも聞こえてくるはずです。

ドラマ

ドラマチックな曲が多いのも、K-POPの特徴ですよね。

ボクシングもドラマチックです。

実力差のある試合でも、予定調和にはなりません。 いつだって予想外のことが起こります。 実力伯仲なら、なおさらです。

そしてドラマは、いつも負けた方にあります。

カムバック

知らなかったのですが、K-POPではアルバムを出し、プロモーション活動、ツアーをしたあと、充電期間に入るのが一連の流れだそうですね。

そして、充電後、次一連流れに入ることをカムバックと呼ぶんですね。

ボクシングのカムバックといえば、復帰戦。 負けた選手が再起を図る試合です。

カムバックにいたるまで、K-POPアーティストもボクサーも、想像を絶する努力をしています

その成果が発揮されるカムバック。

ボクシングを見るときも、K-POPと変わらない感覚で楽しめます。

結論

いかがでしたか?

今日はK-POP好き女子が、ボクシング観戦するときの見どころを紹介しました。

参考にしてくださいね。

無理だと思うけど。

それでは、また次回。
ヨロシクお願いします。