ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

嘘も方便

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

仕事で山間部にある取引先に行ってきたんだ。

取引先の店主は、70近いおば(あ)ちゃん。

とにかく、よく喋るよ。
仕事以外の話をね(^_^;)。

切れ間のないトーク

マシンガントークではないんだけど、話と話の間の切れ間がない。

普通、Aという話題のあとにBの話題するときって、少し間(ま)があるじゃない?

だけど、このおばちゃんは、そこに間がないんだ。

話自体は面白いんだけど、困ることってあるよね?

こっちは次の予定もあるから、適当なところで話を切り上げて次に行きたいんだけど、間がないと「それじゃ、そろそろ失礼します」と言って、おいとまできないんだ。

強硬策

ある程度は雑談にも付き合うけど、こっちも次の予定があるので無理やり話を切る

そのとき使うのが、携帯鳴ったふり。

「すみません、電話が…」

って言って、おもむろに席を立ち、通話したふりをする。

「はい、マネキンです。はい、はい。あ〜わかりました」

そして、戻って

「いや〜長々とお邪魔しました。そろそろ失礼します」

と言って帰るんだ。

とはいえ…

山間部で取引をしてもらっている、いいおばちゃん。
こういう人に、うちの会社は支えてもらってる。

だから、時間に余裕があれば、できるだけ話を聞いてあげるよ。

しゃべるの大好きな人だからね。

長電話にも

電話が長い人もいるよね。
仕事の内容はほんの少し。
ほとんどが雑談(^_^;)。

会社内でうけた電話だったら、「すみません、携帯がなったんでかけ直します」と言って切る。
外出中、携帯で受けた場合は、「すみません、移動中なんであとでいいですか?」と言って切る。

そう言えば、「あ〜忙しいとこ悪かったね。(かけ直さなくて)いいからね」ってだいたい言ってもらえるよ。

マナーとしては…

長電話のときはともかく、人としゃべっているとき携帯に出るのは、本当はマナー違反らしいよ。 目の前の人より、電話を優先させたってことだから。 昔、上司にそう習ったよ。

だけど、時と場合によるよね。 本当に緊急の場合もあるし、今回のような場合もあるしね。

まとめ

つかなくていいなら、嘘ってつかないほうがいい。

でも、嘘をつくことで、相手が気をつかわなくてすむのなら、嘘つくのも大事。

喋ってる途中でいきなり「もう帰ります」って話をぶった切るよりも、電話がなって仕方なく話を切るって形にしたほうがベターだと思うよ。
前触れなく話をぶった切られると、「つまらなかったかな?」って変な気を使われるからね。

ベストは、嘘つかなくても、「ごめ〜ん、次あるからまたね」と気兼ねなく言える関係を作ることだけどね。

それじゃ、また次回! ヨロシク頼むよ。