ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

元気と体力は別物

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

昨日書いた小説、まさかの続編希望のコメントがあって、驚くとともに嬉しく思っているよ。

blog.boxermannequin.xyz

ただ、マネキンは投げっぱなしジャーマンで終わらせるつもりだったので、続きをまったく考えてなかったよ。 申し訳ない(^_^;)。

なので、続きはもうちょっと待ってね。

今日の話題は、元気と体力。 同じようでいて、別物だったんだな〜ってお話さ。

仕事で忙殺

人事異動の関係で、担当替えがあり、けっこう忙しいんだよね、最近。
前の人から仕事を引き継ぎ、今までの仕事を人に引き継ぐ。
結局、この時期って両方の仕事をしないといけないから、仕事量がかなり増える。

本当、早いよ、一日が。

仕事が終わったあと、立ち上がれない。

デスクワークや営業外回りが中心の仕事だから、そんなに体力は使わない。
でも、消耗しているんだ。

体力あれど動かず

体力的には疲れてないし、ストレス解消も兼ねて、仕事が終わってからジムへ行ったんだ。

汗をかいて、気持ちいい…はずなんだけど、なんか違和感。

思ったように体が動かないんだよね。
なんかキレがない。
バテるのも早いんだ。

エネルギー不足

仕事量が増えて、今までと違う仕事をしていると、脳が疲れる。
もともと脳って燃費が悪い
体内の糖分をどんどん使っているみたいだ。

体は疲れていなくても、体を動かすエネルギーは使い切っている。

だからジムへ行ってもすぐバテる。
エネルギーが不足してるんだね。

気が滞る

あと、仕事で消耗すると体が固くなる。
体が固くなると、効率的に動けない。

ボクシングの右ストレートでいえば、右足のひねり、体幹のひねりから生まれるパワーを右拳にのせてパンチを打つんだけど、動きがうまく連動しないから力のある右ストレートが打てない。

エネルギーが滞っている状態なんだ。

気が滞ってると言ってもいい。

「気」ってやつは、オカルト的なエネルギーではなく、もっと普通のエネルギーを表現したものじゃないかな。

元気

脳や体を動かす力の源、元気。
これもエネルギーのことだね。

そのエネルギーは結局、糖質や脂質で、源泉は食べ物。
食べ物から生み出されたエネルギーを蓄えるには、休息も必要さ。

元気があるって状態は、しっかり食べて、休んだ状態のことだね。

まとめ

元気ってのはエネルギーのこと。
体力とはまた別物さ。
心肺能力が向上すれば、スタミナは持続するけど、元になるエネルギーがなければなんにもならないよ。

マネキンの言いたいことわかるかな?
説明下手だからわかんないかもな〜(^_^;)

それじゃ、また次回! ヨロシク頼むよ。