読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

懐かしのゲームブック

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

マネキンが小学校高学年〜中学生のころ、ゲームブックが流行したんだ。

当時はすっごくハマったね。

どうやら、再発売されているものがあるらしいので紹介していくよ。

ゲームブックとは

ゲームブックというのは、ページの終わりに選択肢があり、選んだ選択肢によってストーリーが展開していくゲーム形式の本。

ゲームブックについて、詳しく知りたい人はwikipeda読んでから帰ってきてね。
ゲームブック - Wikipedia

簡単に説明すると、例えば、ページの終わりに

【戦う→9】【逃げる→13】

という選択肢があって、【逃げる】を選んだ場合は、パラグラフ13のページに進むことになる。

そして、【13】のページをめくると…恐るべき展開が。

こんな感じで展開していくのさ。

最初に買ったゲームブック

マネキンが生まれた初めて買ったゲームブックはこれ。

時代はアーサー王の時代のグレートブリテン?

主人公の名前はピップ。
文体がね〜いいのよ。

「いいぞ、ピップ。そのちょうしだ」

こんな感じだったかな。

前のはさすがに絶版だけど、再発売されているよ。
価格が上がっとる!Σ(´∀`;)

続編も再発売中

グレイルクエストシリーズとして、続編も再発売されているよ。

主人公はもちろんピップ。

全部、ガキのころにハマったものばかり。
友達と貸し借りしながらやったなぁ。
かなり流行ってた。

敵との戦闘部分はサイコロで勝ち負けを判定するんだけど…勝ったことにしてやってたねw

グレイルクエストシリーズの作者とは

作者のJ.H.ブレナン氏は、オカルティスト
その知識を活かしてゲームブックを書いていた模様。
あと、冗談が好きなのは間違いないね!

幽体離脱の本とか

西洋魔術に関する本も書いている。

5年くらい前に「Experimental Magic」のペーパーバック版が古本で安く出てたので、買ってみたんだけど、英語なので、読むのを途中で諦めたよ(^_^;)。
今は価格が上がっているね。
売ろうかなw

ほかにも

ゲームブックは他にもスティーブ・ジャクソン作のソーサリーシリーズとか、いろいろあったなぁ。

さすがに再発売はされてないみたい。

おわりに

というわけで、昔なつかしいゲームブックを紹介してみたよ。

パラグラフ13番の謎が知りたい方は、グレイルクエストシリーズで遊んでみるべし!

ファミコンあるやつは、ドラクエとかやってたけどね(^_^;)。
マネキンの家にはなかったのさ。

それじゃ、また次回!
ヨロシクたのむよ。