ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

追悼 ディック・ブルーナさん

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

オランダの絵本作家、ミッフィーの生みの親のディック・ブルーナさんがお亡くなりになったよ。
89歳、死因は老衰だそうだ。

ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家:朝日新聞デジタル

マネキンはディックブルーナさんについて、詳しい訳ではないし、熱烈なファンでもない。

なのに追悼文を書こうと思ってしまうのは、ミッフィーの存在。

あれは「うさこちゃん」だ、いや「ナインチェ」だ、と言う、うるさ方もいるかもしれないが、マネキンにとっては「ミッフィー」だ。

マネキン家とミッフィーの思い出を語りつつ、ディック・ブルーナさんを追悼するよ。

マネキン ミッフィーと出会う

マネキンとミッフィーとの出会いは、嫁と結婚する少し前。

嫁がミッフィーのこと大好きだったんだよね。
グッズをいっぱい持っていて、ミッフィーかわいい、と言っていた。

嫁の車に載せてもらうと、小さい縫いぐるみが置いてあった。
その縫いぐるみはいまだ健在。
嫁と出会って15年はたってるから、その縫いぐるみとの出会いも15年は経過している。

f:id:boxermannequin:20170218120535j:plain

↑15年経過した縫いぐるみ

嫁への初プレゼント

ミッフィーが好きだというので、嫁に買ってあげたのがミッフィーの時計。
残念ながら、壊れたので、捨ててしまったけどね。
写真を撮っておけばよかった。

もう一つプレゼントしたのがが、大きめのミッフィーの縫いぐるみ。

おや、こいつも写真がない…。
(現物はある)

このデカミッフィーは、結婚後、棚の上に安置され、つねにマネキン家を見守っていた。

ところがある日、嫁が「邪魔になる」と言って、リサイクルショップに里子に出したんだ。
マネキンとしては寂しかったけどね(^^;。
せっかく買ったプレゼントだったし。

嫁の方はというと、売ったその晩から、「やっぱり売らなければ良かった」って。
「ずっと家を見守ってくれてたのに、ひどいことをしてしまった」

結局、次の日に買い戻したという。
何やってんだかw。

それくらいマネキン家では、ミッフィーの存在が普通だったんだ。

ちなみにそのデカミッフィー、今はマネキン家の車を守っている。

ミッフィー展

ミッフィー展が、マネキンの住む田舎にも来たことがあるんだ。
チケットを知り合いからもらったんで、見に行ったんだ。
嫁と二人でね。

けっこう昔なので、内容はほとんど覚えていないよ。

展示物を見て、やっぱスゴイなぁって思ったのは覚えている。
マネキンは絵もデザインもからっきしだからね(;´Д`)。

赤ちゃんの代わりに

マネキン家では、なかなか子どもができなかったんだ。

で、よくミッフィーの縫いぐるみを赤ちゃんにみたて、抱っこして撫でていた。

ちょっと危ないよねw。 でも、赤ちゃん感があって、なんか撫でてたんだよね。
撫ですぎて、ミッフィーが汚れてしまったよw。

娘のお気に入り

そうこうするうちに、マネキン家でも娘が生まれたんだ。

赤ちゃんのときはそうでもなかったけど、少し大きくなると、娘もミッフィーがお気に入りに。
ミッフィーの耳を持って、どこへ行くにも持ち歩いていたよ。

f:id:boxermannequin:20170218120617j:plain

ときには両手にミッフィーで。

階段登るとき、しょっちゅう転んでたなw。

懐かしい写真だよ。
(他にも写真はあったはずなんだが…どこに保存したかがわからない)

追悼

追悼 ディック・ブルーナさま。

あなたの生み出したミッフィーは、マネキン家をふくめた世界中で愛されています。

一見、シンプルで、誰にでも描けそう、でもあなた以外に生み出すことはできなかったミッフィー。
描き続けられる中で成長していったミッフィー。
成長が止まってしまうミッフィー。

残念でなりません。
あなたの偉大さをあらためて感じます。

マネキン家では、ミッフィーが家族の笑顔を作り出しています。
ときには癒やしにも。
きょとんとした姿に救われています。

心からの感謝を。

どうか安らかに。

ボクサーマネキン


それじゃ、また次回!ヨロシク頼むよ。