ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

ボクシングジム体験記(2)~お姉ちゃんとファイティングポーズ

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

今日はボクシングジム体験記の第二話、ファイティングポーズを習うところまでだよ。

f:id:boxermannequin:20170122120146p:plain

前回までのあらすじ

新聞に折り込まれていたボクシングジム体験会のチラシ。
チラシに載ってたお姉ちゃんに心惹かれたマネキンは、心ときめかせジムに向かった。

受付

ジムの扉を開けると、そこには男が二人いた。
一人はいかつい感じの、一人はさわやかな感じ。

「いらっしゃいませ〜。最初に名前を書いてください」
さわやかな感じの人が案内する。

「トレーナーのMです。よろしくお願いします。今までボクシングの経験は?」

まったくないと答える。

「大丈夫ですよ〜女の子もやってるし、みんな楽しんでやってますよ〜」

そう!女の子だ。 ジムをみわたすと、誰もいない。

「一番のりですね〜」

オープンと同時に来たのは、失敗だったようだ。

準備運動

荷物を更衣室に置きジムに戻ると、いかつい人が近寄ってきた。

「準備運動しましょう。トレーナーのOです」

いきなり指導が始まった。

首を動かし、膝の屈伸、膝回し、肩を伸ばし、アキレス腱を伸ばす。
よくある準備運動だ。

「じゃあ、鏡の前へ行ってください」

拳を握る

今度はM氏の番だ。

「じゃあ、拳の握り方から」
「手を開いてください。それで親指以外の指を握ってから、親指を外側にして握る」

f:id:boxermannequin:20170122120226g:plain

「そうそう。上手上手」

(誰でもできる動作を、ここまで褒めるのか)

あきらかなお世辞に、どう反応していいかわからないマネキンだった。

ファイティングポーズ

「じゃあ次はファイティングポーズ、構え方です。右利きですよね?」

うなずくマネキン。

「鏡の方を向いてください」
「足を肩幅に開いて」
「右足を一歩後ろへ」
「斜め45度を向いてください」
「顔だけ正面を向いて」
「膝を軽く曲げて」
「左手を目の高さへ」
「右手を顎の高さへ」

f:id:boxermannequin:20170122120350g:plain

「そうそう!かっこいい!上手上手」
「何かやっておられました?」

あいかわらず褒めまくる。 マネキンは、だんだんその気になってきた。

チラシの効果は

まだマネキンの他に、客はいないようだ。

(チラシ出したのに気の毒だなぁ)

二対一の指導で、手厚いといえば手厚いが、寂しさを覚える。

そんなことはおかまいなしに、指導は続く。

「じゃあ次はジャブいきますか」

次回予告

簡単そうに見えて難しいワンツー。
シャドウボクシングに息が上がる。
お姉ちゃんどころではなくなっていくマネキン。

次回「ボクシングジム体験記(3)~シャドウ無の境地へ(仮題)」

掲載日時未定。

それでは、また次回!ヨロシク頼むよ。