ボクサーマネキンの拳

健康ボクシングと筋トレ、ダイエットそして雑記

ボクシングジム体験記(1)~きっかけは新聞チラシ

スポンサーリンク

やあ!ボクサーマネキンだよ。

ボクシングジム体験記として、ボクサーマネキンがどうやってジムに入り、ハマっていったか、何を習ってきたかを書いていくよ。

不定期に書いていくけどヨロシクね。

第1話はボクサーマネキンがチラシを見て、ジムへ行くまでの話だよ。

ジムの前を素通り

もともとボクシングには興味があった。 近くにジムがあるのも知っていた。

でも、マネキンは、なかなか一歩が踏み出せないでいた。

何度もジムの前を素通りしては、中の様子を伺っていた。

f:id:boxermannequin:20170114123354p:plain

新聞チラシ

ある日、新聞に一枚のチラシが折り込まれていた。

「ボクシング 無料体験会」

週末に、ボクシングジムで無料体験会があるらしい。
チラシの写真には、若いお兄ちゃんばかりでなく、老人、若い女の子も多数写っていた。
健康目的で、楽しくできることが書いてあった。

f:id:boxermannequin:20170114123825g:plain

眠っていた思い

行ってみよう!

ずっと眠っていた「ボクシングをやってみたい」という思いが、決意に変わる。

同時に「どんなジムなんだろう?」と気になり、調べてみることにした。

ネットで検索する。
すぐにジムのホームページとブログが出てきた。

ホームページは設備の紹介と料金表が書いてある。
ブログには普段の活動の内容が書いてあるようだ。

どうもこのジムは、プロ指向ではないらしい。
アマ選手の養成もしていない。
健康指向でみんな気軽にやっているジムのようだ。

他のジムも調べてみる。

ホームページはあるようだが、あまり詳しくは書いてなかった。
こっちのジムは、選手の育成もしていて、それなりに厳しそうだ。

迷い

やるならスパーも含めて、ガンガンやってみたい気持ちもある。
でもマネキンは営業職。
顔腫らしたらシャレにならない。

マネキンは迷う。
何度もブログやホームページを読み直す。
決められない。

結局は体験会に行ってから決めることにした。
体験会のジムがよさそうなら、そのまま入ればいい。
迷うなら他のジムも体験してみればいい。

f:id:boxermannequin:20170114123559j:plain

何よりマネキンは、チラシに載ってた女の子に会ってみたかった。  ※画像はイメージです

さあジムへ

週末になる。

必要なのは上靴と着替え、タオル。
上靴はなかったので、買ってきた。

カバンにつめて、車に乗る。

ジムへ向かって、アクセルを踏んだ。

次回予告

初めて入るボクシングジム。
楽しいのか? 怖いところなのか?
期待半分、不安半分で扉を開けるマネキン。
そこにいたのは? お姉ちゃんは?

次回「ボクシングジム体験記(2)~お姉ちゃんどこ?」(仮題)

掲載日時未定。

それじゃ、また次回!ヨロシク頼むよ。